初めて社会人として働く

私は高校を卒業後、製菓工場で就職する事が決まっていました。
入社する前に2週間だけ研修がありました。
初めて社員として働く事になるので、すごく緊張していました。工場にはいる前に服を着替え、除菌室に入り、先輩に教わるわけなのですが、その教えてくれる先輩が何だか怖そうな先輩で、不安な気持ちでしたが、徐々に慣れてくると優しい先輩だという事がわかりました。
そして、作業はラインの仕事なのですが慣れるまで時間がかかりました。
自分のペースで出来ないのでどんどん品物が流れてくるので、泣きそうになってしまいました。
それを3時くらいまで同じ作業をずっと繰り返しです。
慣れない作業のため家に帰ってから疲れてすぐに寝てしまいました。
そして最終日の頃にはなんとなく仕事の仕方もわかってきました。作業も慣れてきましたが、社会人として働くことの厳しさを肌で感じた出来事でした。
これから正社員として働く責任というものも教わり、働くこととは大変な出来事なんだなぁと10代だった私が痛感した社員研修でした。

自社研修施設で、泊まり込みの研修を受けました。

某印刷会社の新入社員研修を受けました。
研修施設に数日間泊まりこんで、いろいろなことをしました。
まず朝起きたらラジオ体操、それと社歌を歌います。

研修施設の近辺を回って、オリエンテーションをやりました。
神社などの木に紙が貼ってあって、クイズを解いて回ったり、その場にちなんだ日本酒の名前を考案したり。テクテク歩きまわり回りながら頭も使う、結構ハードな行程でした。

別の日には自己紹介をするために、今まで歩んできた人生のイベントを絵に描いて、それを他の人に説明するというものもありました。グループに分かれて、これは結構楽しく和気あいあいと行われた覚えがあります。

最終日前日は、翌日のディベートのネタ作りです。
私生活を取るか、仕事を取るか、ということを、あるシチュエーションを通して考え、意見を戦わせます。人数で割るので自分が意図しないほうのグループに行くと結構大変でした。夜通し寝ないで準備をしました。
最終日のディベートが終わるとぐったりしてバスに乗って帰宅しました。
考えてみると後の仕事にはあまり役に立っていない気がしますが、そこで同じグループだった仲間とは今でもやりとりをしています。いい思い出はできました。。大阪市中央区日本橋 精神科・心療内科(カウンセリング)いちメンタルクリニック

社員研修と言う名の遊び感覚だった研修

私の会社の社員研修は、時々大きな会場で、いろいろな会社が集まって開催されるフォーラムに選抜で見に行くことです。私も一度、見に行く順番で見に行きました。この社員研修も出勤の一日に数えられました。でも実際は、そんなに固い感じではなく、出展されている会社の人の話を聞いたり、またその会社で作られた商品を粗品として頂いたりしました。その一つに、携帯に自分の好きな字体で字を印刷できるという機械を出展されているブースで、自分たちの携帯にサービスで全員分、印刷してもらいました。印刷といってもシールなどではなく、彫っていくという印刷機なので、一度、印刷すると消えないというものでした。社員研修なのに、粗品をもらったり、出展されている機械を体験したりということで、スーツを着てはいるけど、少し気楽な感じで楽しかったです。またマナー研修も勧められたことがありますが、その日は先輩の二次会だったので、女性全員で断った経験があります。

合宿と同期

私が働いていたのは、子供たちに音楽を教えるピアノ教室でした。
ピアノを個人だけでなくグループで子供に歌やリトミックなども教える教室です。
そこの新人の先生たちの研修は、合宿形式で、一週間ほどありました。
朝から歌を歌ったり、伴奏をしたり、子供役と、先生役に分かれて、実際のレッスンの予行練習の様なものをしました。
指導してくれる先生は厳しく、そんな言い方じゃ子供に伝わりませんよ。とか、
その言葉づかいでは保護者の方からクレームがきます、など、本当に厳しいものでした。
夜は次の日の課題を夜中までやったり、眠れないことも多く、本当に
体験でした。
しかし、同期の仲間と一緒に夕飯を食べたり、最終日に発表する時には
団結でき、感動したのを覚えています。
実際仕事ではばらばらの地区の担当となるので、そんなにしょっちゅう会えるわけではありませんが、仕事が始まってからも色々と相談に乗ったりしながら助け合い、仕事を辞めてもずっと友人としてお付き合いしている子も多くいます。

バブル期のバカな新人研修

社員研修と言ってもいろいろです。

大学時代の先輩が就職した会社では、社長が神道系の宗教を信奉している為に、

 あっちが皇居

だと教えられ、

 そっちの方角に向かって最敬礼

させられた、と言っていました。

 イスラム教徒じゃねぇんだ!

と本人は怒っていましたが・・・まぁ、本当に、会社によっていろいろですよね。

自分が入社した会社は、IT関連の会社でしたが、新人研修は御殿場で行われました。
米軍基地と自衛隊基地しか無いあたりまで連れて行かれて、何か病院の様な建物が見えたと思ったら、そこが宿舎でした。
・・・室内にベッドしか見えなかったので、病院かと思ったわけです。
研修施設とは言え、本当に何も無い所でした。

研修自体は、先輩社員による物で、正直、「何だか判らない」物ばかりでした。
さすがに、最初は専門の業者から指導を受けたのだと思いますが、それが正しく伝わらなかったのでしょう。

「自分のスローガンを決めろ」などは、まだ納得が行きました。
しかし、「それを体で表現してみろ」とか、一体、目的は何なのでしょうか・・・?
ワケも判らず車座になり、一人づつ中央に出て、ヤケクソで何事か身振りをしながら、大声でスローガンを叫んで終わりです。

一事が万事、この調子でした。

夜、寝る前には、同期の連中と「今日の研修、何か意味あったのかな・・・?」などとボヤいてばかりでした。
こんな事ばかり、数日もやれば、さすがに嫌気がさして来ます。

 東京に帰ったら、この会社、辞めようかな・・・

と、大勢の仲間が言い出したので驚きました。

本当に、何の為の研修だか判りません。
(未だに、目的は謎なのですが)

費用をかけてやるならば、もっと成果が期待できる物にすべきと思うのですが・・・まあ、バブル期の話ですしね・・・。